ベジタリアンの出産レポ 〜愉快なお産〜

  27, 2012 17:46
P1010768_convert_20120728101004.jpg
弥勒菩薩風(笑)

百聞は一見にしかずではないですが
色んな出産の体験談を読み、友達に話しを聞いても
「お産」がどんな感じかなんて体験してみないと分からない!!!
お産は人それぞれだし、感じ方もそれぞれですものね
私のお産なんて興味がないと思いますが
記録のためにレポします♪

6月28日午前4時
主人はいつもこの時間に出勤します
妊娠中はとにかにトイレが近かったので
このタイミングでいつも目を覚ましてトイレに行っていました
その日もいつものようにトイレに行くと
「おしるし」がありました
「これって、まさか、噂のおしるしってやつですかーーー!!!???
でもまだ6月やでー?予定は7月5日やのに。早すぎへん?
まぁこないだ内診あったし、その出血かも。おしるしあってもすぐ生まれる人ばかりじゃないし」
内心ドキドキしながら「まさか今日、明日じゃないやろ」って自分を落ち着かせて
寝に戻るも「いや、もしかしたら今日、明日だったら。。。これもせなあかん、あれもせなあかん」
と考えたら目が覚めてしまい。
そのまま助産院にいつでも行けるように身支度や
掃除をはじめました
パワフルに動いて、7時になりばてたので1時間仮眠
そしてまた掃除の続きやらなんやらして
夕方5時頃、一週間程前の前駆陣痛の時に感じたような弱い痛みと張りがあったので
横になって休みながら張りの間隔をはかっていたら主人が帰宅
私>「おしるしあったし、念のためお腹の張りが続いたら明日出勤するとき一緒に連れてって。浩君の実家で休むわ」
主人>「もちろんいいよ」 (主人の実家と助産院は近い)
と答えつつも6月やで、まだ先やろという雰囲気
そんな事はさておき、その日はパフォーマンスチームの仲間がうちに来てご飯&次回の打ち合わせがあったので
ご飯を作っていたら友達が来てご飯を食べたり
一緒にミシンでイベントで必要な道具を縫ったりして12時くらいに友達が帰宅
その間も定期的にくるお腹の張りは強くなってきていたので
「明日絶対一緒に出勤した方がよさそうやな」と思い時間を計りながら就寝
「やっぱり定期的に来てるわ〜でも経産婦ちゃうしまだ時間かかるやろな。4時まで寝とこ」
でもどんどん痛さが増して来て、
「朝まで待っていたら間に合わへんかも、お産がまだ先でも下山しといた方が安心やな」と思い
2時に主人を起こして主人の実家へ向かう。
実家の母もお産に立ち会いたいと行っていたのでメールをする
「こりゃ冷や汗ものの腹痛やわ!本当の陣痛ってどれくらい痛いんやろ。でも浩君今日生まれるなんて思ってへんやろな〜」
運転中眠たくならないように(?)ノリノリの音楽をかけながら会話してくる主人
それどころじゃない私(笑)会話無視してたわけちゃうで


助産院の先生に電話したら「張りが5分間隔で1分続いたら助産院来てね」とのこと
痛くてテンパってたので正確に時間を計れなかったんだけど
このとき既に5分間隔の1分だったと思う。
けどなんとなくまだまだな気がして実家で様子を見る事に
仕事前にちゃんと眠ってほしかったので別々の部屋で休む
「そういえば、お産は体力がいるから元気なうちに食べたほうがいいって聞いたな」
と、痛くないときにパンを食べ、痛くなるたび「う〜食べるんじゃなかった。食べたものが気持ち悪い」
と後悔した。パンを諦め横になって陣痛の合間に眠っていたら
せっかく5分間隔になっていたのに10分、11分、7分と間隔がずれてしまった
(どうやら眠ると間隔は遠のくらしい)
「う〜〜ん、助産院行くタイミングむずかしいな〜。でもこんな早朝に電話したら先生迷惑やろなー
とりあえず7時まで待とう。7時やったら起きてるやろ」
なんて間隔の正確さと、人の心配をしていたものの(実際先生は、一晩中待っててくれたのですが。頭が下がります)
「こりゃもう痛すぎて我慢ならん!もう7時やし!」となったので主人を起こして助産院に連れて行ってもらった
まだ辺りの暗い2時に家を出発してから5時間
その日は梅雨の合間のピーカン晴れ、家を出た途端外の明かりが眩しくて
痛さに耐えながら実家の部屋にこもっていた時間はあっという間で
「え!?もうこんなに明るいで!」と時間を越えたような気がしてびっくりした
この日は梅雨の合間のピーカン晴れ。凄く暑くて、
いつもは山にいるので出勤ラッシュの人の多さにびっくりした
私>「今日、助産院に行った後どうするの?」
主人>「ん〜様子みてから出勤するよ」
まだ今日生まれるとは知らない様子
そんな会話を交わしながら到着。

到着して、内診してもらうなり
桶谷先生>「今日の昼までに生まれますよ」とのこと
「今日生まれるとは思ってたけど、昼になったらママになるんやー」と驚く私
きっと主人はそれ以上に驚いただろう。
だって車の中では今日生まれるなんて思っていなかったんだから。
内診後、今までで一番痛い陣痛がくる。
一人で耐えていた時は我慢できるのに、人がいて安心すると甘えからかさらに痛く感じる。
このとき「お母さん達はみんなこの痛みを体験してるんだ!!なんてすごいんだろう、お母さんありがとー!!!」
って思いでいっぱいでした。
畳の部屋に移動して、横になって何度も来る陣痛に汗を流していると
実家のお母さんと、もう一人手伝ってくださる助産婦の藤原さんが到着
狭い部屋に私、主人、母、助産婦さん二人なので賑やかな雰囲気。
元々猫のような性格なので、病気したり具合が悪い時は一人になりたい性分の私は
お産もひっそり、神秘的に迎えたいとイメージしていたのですが
この状況ではそれは難しそうだな〜
なにせ 主人+母=お笑いコンビ なのですから!(笑)
なのでもう、静かなお産は諦める事にして
この際、楽しい気持ちで挑もう!!!
と思ったらすごく楽しかったです。
でも正直、私は陣痛と陣痛の合間に寝てしまうくらい陣痛が弱かったらしく
陣痛で目が覚めていても半ば夢心地で記憶が曖昧なのです。
陣痛の合間に夢を見ては陣痛で起こされる!の繰り返し
しかも頭の中では昨日聞いていた『コクリコ坂』の愉快な曲がず〜〜とループ!!!
もう、ジブリの世界にトリップしていました。

だけど現実にはお産をしているわけで、、、
赤ちゃんが下がってくるように、バランスボールを抱えてしゃがんでみたり
立上がって、腰を回してみたり。と姿勢を変えると
今まで胃の所まで大きかったお腹がどんどん下がって来て
子宮のところまで降りてきたのが目に見えて分かった時は感動したな〜
そんな私を横目に、陣痛中の私を携帯で激写する主人と、母
せっかくやったら可愛く写してやー!と思うも笑う余裕は無く、でも心は笑っていました
極めつけは私が赤ちゃんを降ろすために腰を回していると
主人>「もう、踊ったら?臨月でもフラフープしてたんだし」
オォナイスアイディア!踊りたいかも!と思うも
バックミュージックに『レナウン』を流しだす主人
『プールサイドに夏がくりゃ〜へへへ、ヘイヘイ!』
ってそんな曲で踊れるかい!と心の中でツッコミをいれる私
時計をみるともうお昼前
私>「もう、いいともはじまっちゃうやん!」
そうこうしているうちに陣痛の種類が
息みたくなる感じにかわっていきました。
ここで、何を勘違いしたのか、本当は息んでいいのに必死に息みを逃している私
しかもヨガのライオンのポーズで(とっても本能的な表情をするので普段人様にはお見せできません)
しばらくして、ここは息んでいいんだ!!!と気がつき力一杯息むと
どんどん赤ちゃんがでてこようと頭でぐりぐりしているのを感じました
「なんか下の方で挟まってる!!!」と感じ
もう最終段階!
主人の膝が私の脇にくるような姿勢でもたれかかり
最後の息み!
私>「多分私感動して泣いちゃうよ!」
っとここまでくると流石にもう睡魔は襲ってきませんでした(笑)
桶田先生のゴッドハンドと絶妙なアドバイスの元
いい具合にリラックス、しながら息めました!
先生>「頭見えて来てるよ!」
っと、頭が出てくるときにパンっと破水し
そして、「ふぬぬ〜〜〜」といきむと「にゅにゅにゅ〜〜」頭が出てきました!
「わぁなんて小さな頭なんだろう!髪の毛は得てるやん!赤ちゃんは頭が一番大きいって言うし
もうあとはチュルンやな!」
と思いもう一呼吸すると チュルんと全身が出てきました
でも頭が出て来た時よりも体が出て来た時の方が大きかった?
(実際、珍しく胸囲の方が大きい赤ちゃんでした)
オギャーオギャーってすっごく元気な赤ちゃん
綺麗な紫色で、なんて可愛いんだろう!
感動してここは泣いていいだろうと思い泣いてしまいました
最初は「血が見たくないから立ち会わないし、へその緒も切りたくないなー」
なんて言っていた主人も
あれよあれよと立ち会い、へその緒まで切る事に(笑)
「今まで私と赤ちゃんをつなげていたへその緒さんありがとう」
と思いながら安心と幸せな気持ちでいっぱいでした
生まれたての息子を抱っこして見つめ合いました
時間が止まったようでした
初めてのおっぱいをあげました
まだこっちの世界に出て来たばかりなのに
「僕はちゃーんと知ってるよ」と言わんとばかりに元気に飲む息子。
文章で書くと安っぽいですが
感動したとしか言いようがありません。

こうして私たち夫婦は人の親になりました

完璧に信頼できる処置をしてくださった桶谷先生
陣痛中マッサージをしてくださったゴッドハンドをもつ藤原先生
岐阜からはるばる来てくれたお母さん
最後まで付き添ってくれた主人
生まれて来た赤ちゃんと

このメンバーの絶妙なハーモニーでこの楽しいお産が出来たんだと思いすごく感謝しています
ありがとうございました

私たちを選んで生まれて来てくれた可愛い息子
「紫雲」しうん    
(今はしくもと呼んでいます)   
の可愛い寝顔を見るたびに幸せを感じます
生まれて来てくれてありがとう。



P1010805_convert_20120728100939.jpg


にほんブログ<br />村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。読んだよ♪の印にクリックで応援よろしくお願いします!
クリックすると素敵なヴィーガンブログ一覧に飛びます★


スポンサーサイト

6 Comments

jun  

ほんとに楽しい素敵なお産だったんですね☆(もちろん痛かったとは思いますが^^;)
4か月後には自分にもこんなことが起きるなんてまだ想像つかないけど、私もがんばります〜。
うちのだんなも血が苦手で、付き添うけどお産自体は見れるか分かんないと言ってますが、案外平気なのかもしれませんね。

2012/07/31 (Tue) 01:32 | REPLY |   

元祖しぃたけ  

Re: タイトルなし

きっといい食生活されてるから美しい赤ちゃんが生まれますね!
素敵なお産でありますように
私の主人も立ち会うのもへその緒を切るのも最後までためらっていましたが
ほとんど出血しなかったので「全然グロくなくて平気だった」
っと言っていました。
会陰が裂けたり、切ったりすると出血するみたいです
私は助産院で生んだので、裂ける事無く生めました
ただ、その後出て来た胎盤がグロかったと言われました
先生には「こんなに綺麗な胎盤見た事無い」とほめてもらったのに!(笑
お互いベジで生肉を見慣れていないせいかもしれませんが
妊娠中は出産がゴールっという感じがしていましたが
出産がスタートだと今は感じます
ベイビーが生まれてからは本当に自分の時間がもてないので
今のうちに沢山旦那様とお腹の赤ちゃんと外食を楽しんだりされるといいと思います♪

2012/08/02 (Thu) 09:52 | REPLY |   

myojo  

おめでとうございます!

素敵なあかちゃんと新しいスタートですね。
おめでとうございます!!!!!

2012/08/02 (Thu) 15:29 | REPLY |   

元祖しぃたけ  

Re: おめでとうございます!

あいがとうございます★
本当、妊娠中は出産がゴールという感じがしていましたが
今は出産はスタートだったんだなと思います!
早速子育て楽しんでいます♪

2012/08/02 (Thu) 21:14 | REPLY |   

ラビット黒  

ヤッタネ!

 出産の様子なんて詳しくきいたこと無かったので、大変興味深く読みました。
かなり詳しく書いてあったので出産の様子がよく解りましたが、書かれているようにこれからがスタートで、これから赤ちゃん中心の生活が始まるんですね。
胎盤が綺麗だったのは、やっぱり菜食だからかな?

ともあれ先は長いので、ストレス溜めないようにのんびりと子育てしてください。

2012/08/03 (Fri) 15:05 | EDIT | REPLY |   

元祖しぃたけ  

Re: ヤッタネ!

色んな人のお産の話しを聞きましたが、それぞれ全く違うのであまり参考にならないかもです
すっかり、紫雲中心の生活です
毎日少しずつ成長していくのを観察するのがとても楽しいです!

2012/08/06 (Mon) 17:47 | REPLY |   

Post a comment

What's New