豆との格闘!味噌作り!

  09, 2012 09:15
昨年は調子こいて3種類の味噌をつくりました
大豆、ひよこ豆、グリンピース
大豆は大成功♪
ひよこ豆も甘くてお味噌汁や、白みそ代わりのような隠し味によく使います
グリンピースは、、、くせ者 洋食の隠し味に使いますが。消費に困っていますw(誰かもらって)

昨年、調子にのって作りすぎてヘトヘトになったのに
今年はもっと調子に乗って作ったので1日では終わりませんでしたw
昼の12時前から初めて、夜の10時前までかかり
黒豆は翌日にもちこし。。。

R0010295_convert_20120209083132.jpg


でも今回は大豆だけで作ったのでグリンピースのような惨事になはならないはず!

去年までは倍麹といって乾燥豆の2倍の麹を使って甘い味噌を作っていました
今回は倍麹味噌と、普通の味噌、黒豆味噌の3種類を作っています
麹は八木(車で15分程度の場所)にある老舗の麹屋さんで予約して買いました
この時期は、お客さんが多くて去年は予約なしでいけたけど
今回は予約待ちでした
升単位で買うので、いつも必要分より少し多めか、少なめじゃないと買えないです
(余ったら塩麹にします)
今回は5.3キロで3750円でした
米をもって行くと安くなるという噂通り、私の前のお客さんはお米で安くしてもらっていました
さて、今回の配合は

<倍麹味噌>出来上がり7.7kg
大豆    1.5kg
米麹    3kg
塩     800g

<同量麹味噌>出来上がり6kg
大豆    1.5kg
米麹    1.5kg
塩     600g

<黒豆味噌>出来上がり1kg
大豆    500g
米麹    500g
塩     100g

4人家族で1年の味噌消費量が20キロだそうで
さらに我が家は和食の家ではないのでそんなに減らないのですが
来年は育児があるだろうあら
今年多めにつけちゃいました
2年熟成されたお味噌も美味しそう^^

<道具>
味噌を入れるタッパ
マッシャー、すり鉢。我が家はフードプロセッサー
圧力鍋
麹と豆を混ぜる大きめのたらいなど
焼酎(消毒用)
最後にかぶせるラップ

<手順>
前日に豆を3倍の水につけておきます
使う道具を焼酎で消毒しておきます
薪ストーブの上で豆を軽く茹で温めておきます
その間に、塩を一握り分のこして、それ以外の塩と麹を混ぜてきます
大豆を圧力鍋の1/3まで入れ、水を2/3までいれ茹でてあくと皮をとり
蓋をして圧がかかったら弱火にして20分(鍋にもよるので様子を見て)
指で簡単につぶれるまで茹でます
ざるに豆をあけます(ゆで汁は残しておく)
豆と、ゆで汁お玉1杯をフードプロセッサーにいれ潰します
(粒が残るのがお好みなら荒めに、滑らかにしたいなら滑らかになるまで潰す)
人肌になるまで冷まします
(潰す行程は豆が熱いうちにやりましょう)
(冷ましている間に次の豆を茹でます)
潰した豆が冷めたら、塩と混ぜた麹と混ぜ合わせます
最終的に耳たぶの固さになるように
残しておいた塩の半分をタッパーのそこに敷き
大豆+麹をボール状に丸めてタッパーに叩き付けます
(こうして空気を抜きながらつめていくことでカビ防止になる)
最後は表面を滑らかにしてもう半分の塩をふりかけラップで表面を空気が入らないように覆い
蓋をして出来上がりです
大体あきには食べれます。梅雨くらいになったらカビが生えてないかチェックしましょう
カビが生えていたら焼酎で消毒したスプーンで取り除きます
その頃に一度天地返し(味噌の上層おと下層を入れ替える)をして
10月頃には美味しいお味噌の出来上がりの予定です♪

今回、晩ご飯を作りながらの味噌作りでかなり横着に作ったので
かびないか心配
どうかかびないで成功してね~~


にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。読んだよ♪の印にクリックで応援よろしくお願いします!
クリックすると素敵なヴィーガンブログ一覧に飛びます★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New