スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★生まれました★★★

  28, 2015 18:42
12月15日待望の男の子を出産いたしました!
今回の記事は出産のお話です~~♪

紫雲のときは予定日の一週間前の朝におしるしがあり翌日の昼に出産だったので
助産師さんにも予定日1カ月以上前には帰って来てほしいという事で
11月上旬にしくもと里帰りをしました。
てっきり二人目だし早く産まれてくるだろうと勝手に思っていたのですが
予定日1週間以上前に前駆陣痛
1週間前からおしるしは毎日あったものの陣痛は起きませんでした。
早く会いたいな~という気持ちもありましたが
赤ちゃんが生まれてきたいタイミングで生まれてきてくれたらいいと
のんびり構えていました。
予定日を1日過ぎた12月15日
寝ぼけながら夜中の3:30生理痛のような痛みで目が覚めました
前駆陣痛の時はお腹が張って苦しいけどそのような痛さはなかったので
怪しいな~と思い1時間くらい目が覚めてしまいましたがその後朝まで二度寝
その日は助産師さんの同伴の元産婦人科での検診でしたので
9:00に産婦人科で健診。
この日は看護学生さんも研修の為同席していました
内診では3センチ開いてるからもうすぐだね~。
でも看護学生は3:00に解散だからそれには間にあわないね!
なんて言われながら陣痛が強くないのでいったん帰宅
車の中で
「てっきりそのまま助産院へ入院かと思ったのに~
3:00までには間に合わないって結構まだまだやなー
でも多分今日お産になるから帰ったら好きなものを食べよう!」
と決心し、内診の影響でさっきより強い痛みを感じながらも
念願のリンゴ煮入りホットケーキをやき
食べ終わる頃には、もう10分間隔の陣痛w
連れていくか迷ったけど従兄弟と遊んでいたのでりんごのホットケーキをおやつに渡して
しくもは実家でお留守番させる事に
私と母で今回お世話になったゆりかご助産院へ向かいました
到着したのは11:00
それから主人に「陣痛が強くなったから今助産院に来たよ~」とメール
主人は仕事がひと段落したら車で3時間の道のりなのですがわざわざ来てくれるとの事^^
「3時間か~ギリギリ間にあわないかもね」と助産師さん
間にあわないのは残念だけど、陣痛で苦しむ時間は短いに越したことない!
さっき来ていた女学生さんも3時までに生まれるなら間際に立ち会ってもいい?と聞かれたので
「もちろんいいですよ^^」と返事をしました 
10分間隔だったのが、1時間もしないうちに2分間隔、1分間隔となり。。。
1分間は陣痛の激痛で「う~痛い~」と言ってしまうほどととんでもなく痛い!
はやくこの痛さから解放されたい~!と思っていると
助産師さんが骨盤を整え赤ちゃんが下がり易いように2種類の体操を指導して下さり
体操のおかげでどんどん順調にお産が進みました

おせわになった助産院はフリースタイルのお産なので妊婦さんが好きな体勢で産む事が出来るので
私もどんな姿勢で産むのかなー?本能でその時心地いい姿勢になるだろうなーと思っていたのですが
実際は大きなクッションに仰向けにもたれかかって軽く膝を立てた状態で産みました
なんでこの姿勢にしたかと言えば、とてつもなく眠たかったから!w
一番リラックスして眠りやすい体勢だったんです
1分間の陣痛が遠のいた後にやってくる1分間だけの眠気の誘いは
断れないほどの安らぎと至福感に包まれたもので
まどろみながら部屋を見回すと昼の暖かい日差しで染まった畳の部屋で
立ち会った助産師さん2人と母みんなびくりとも動かず時間が止まったかのように静か
天国か!?と思うほど穏やかな空間だったのを強く覚えています
「あ~寝てた~」と目を覚ますと「眠いのは同調してしまうわ」だなんて助産師さんも賛同
あの雰囲気は間違いなく寝ちゃうよね~(笑)
今回は「静かなお産」をしたいとバースプランにも書いていたのですが
それが叶ってしまいましたw
そのあと陣痛だけではなく「いきみたい!!!」という感覚がやってきて
何度かいきむとまずは赤ちゃんの頭が!
一度に出てこず頬骨ら辺で挟まってしまったので次の陣痛の波が来る間に頭だけ触らせてもらいましたw
いよいよ生まれるぞ!と助産師さんもバタバタ
助産師さんが「少ないからそんなに飛ばないんじゃない?」
「いやいや油断しちゃいかんよ、私ら飛ばし屋だからね」
なんのことだろう?と思いながらなんとなく愉快な会話に私も楽しい気分に。後で話を聞いてみたら
まだ破水してなくて風船のような羊膜に赤ちゃんの頭と一緒に羊水も入った状態で
生まれる間際に羊膜が破れて羊水が飛ぶかどうかの会話だったそうですw
更に、その羊水が赤ちゃんの顔の下で ぽちゃんぽちゃん 動くもんだから
母は女学生さんと顔を見合わせて笑っていたんだそうなw
そのあと何回かいきんだ後に赤ちゃんの身体も胎盤も出てきました^^
結局羊膜は破れずに膜につつまれたまま生まれてきた赤ちゃんは
まだお腹の中にいる様な感じで泣く事もなく
これまた静かな誕生でした
そのあと羊膜を破ってもらって初めてゆっくり「おぎゃ~!」と泣き
思わず感動して泣いてしまいました~
多分だけど立ち会ってくれた女学生さんも一緒に泣いてくれてた?
沐浴をせずに(助産院では初日は沐浴なしでした)抱かせてもらいましたが
すべすべで気持ち良かったです
へその緒をお母さんに切ってもらい
胎盤やシーツやらを綺麗にして私も一安心したところで主人が到着
しくもも、生まれた直後に姉に連絡して連れてきてもらい
二人とも出産には間にあわなかったけど
生まれたてほやほやで会えてよかったです★

長くなりましたが、こんな感じのお産でした
前回のお産の時も破水せず膜のまま生まれる「幸帽児」だったらいいな~
と思いながらも産むぎりぎりで破水したのですが
今回は「幸帽児」と「静かなお産」の願いがかなって良かったです^^

12月15日 昼の1時35分誕生
3850gのおっき名男の赤ちゃんでしたーー
名前は【白蓮】びゃくれん
幼少期は幼名である【はく】という呼び名で親しんであげて下さい
これからも一人増えて賑やかになったポポの谷ファミリーをよろしくお願いします♪

R1019950_convert_20151228135526.jpg


にほんブログ<br />村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。読んだよ♪の印にクリックで応援よろしくお願いします!
クリックすると素敵なヴィーガンブログ一覧に飛びます
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。